×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン控除ガイドT



父親の土地に住宅を新築した場合は?

私は以下のように、父親の土地に住宅を新築したのですが、この場合、父親と私は住宅ローン控除を受けることができるのでしょうか?
○土地の購入価額・・・5,000万円(父親の単独所有)
○土地に購入についての借入金の年末残高・・・4,000万円(父親の単独債務)
○住宅の新築代金・・・3,000万円(私の単独所有)
○住宅の新築についての借入金の年末残高・・・3,000万円(私の単独債務)


住宅ローン控除の対象になる住宅ローンとは?

住宅ローン控除の対象になる住宅ローン等とういのは、住宅の新築や購入とともにするその住宅の敷地の購入に必要な資金に充てるための借入金や債務で一定のものをいいます。

質問の場合はどうなりますか?

ご質問の場合ですと、住宅があなたの単独所有になっていますので、父親の土地の購入については、「住宅の新築や購入とともにするその住宅の敷地の購入」には当たりません。

したがって、住宅ローン控除は受けられないということになります。

一方、あなたの住宅の新築についての借入金については、借入金の償還期間が10年以上であることなど一定の要件を満たしているのであれば、住宅ローン控除が受けられます。


土地の購入と住宅の新築をした場合は?
住宅ローンの借換えをしたら借換え前の残高よりも増えてしまったのですが…
住宅融資の債権が譲渡されてしまったら…
返済が遅れた場合や繰上返済した場合の年末残高は?
父親の土地に住宅を新築した場合は?
定期借地権付建物の底地を5年後に買い取った場合は?
友人から住宅を購入し住宅ローンを引き継いだ場合は?
父から借りた借入金を銀行の借入金で返済した場合は?
敷地の購入、住宅の新築についての借入金の借換えをしたのですが…
夫婦で共有の住宅を新築したのですが…
警察の捜査・個人情報開示
悪質な取立て
審査・勤務先確認
割賦販売法・遅延損害金の上限
銀行の住宅ローンの金利
契約時の印紙税
相続時精算課税制度の仕組み
段階金利の期間短縮型
新築マンションの物件概要の見方
信用金庫・信用組合のローン
仲介手数料の金額
耐震強度偽装再発防止の法律
年代別のマイホーム取得
下見

Copyright (C) 2011 住宅ローン控除ガイドT All Rights Reserved