×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン控除ガイドT



東京から静岡へ転勤しまた東京へ戻ってきたのですが…

平成13年5月に東京に住宅を購入し、同年6月に入居して住宅ローン控除を受けています。
その後静岡に2年間転勤になったので平成14年8月に家族とともに赴任先で生活することになりました。赴任期間中は空き家としていましたが、平成16年8月以後は家族とともにこの住宅に住むことになりました。
この場合、平成14年と平成16年以後については住宅ローン控除を受けられるのでしょうか?


住宅ローン控除を受けるための要件は?

住宅ローン控除を受けるためには、次のすべての要件を満たしていることが必要です。

■住宅を新築もしくは取得した人または自己の住宅に増改築等した人が、その住宅や増改築等をした部分に、それぞれ新築の日、取得の日、増改築等の日から6か月以内に入居していること

■住宅ローン控除を受ける年の12月31日まで引き続き居住していること

※その人が死亡した日の属する年または住宅が災害によって居住できなくなった日の属する年については、これらの日になります。

このケースの場合は?

ご質問の場合には、平成14年はその年の12月31日まで居住していませんし、平成16年8月以後に再度入居し居住したとしても、最初に入居した平成13年5月以後引き続き居住していません。

よって、平成14年分だけでなく、平成16年以後の各年分についても住宅ローン控除は受けられないということになります。

※平成15年4月1日以後に居住用にしないことになった場合には、一定の要件を満たしていれば、住宅ローン控除の再適用が受けられます。


住宅を新築したらいつまでに入居しなければならないのですか?
離婚して財産分与によって住宅を取得したのですが…
所有権移転の登記がされていない住宅の場合は住宅ローン控除を受けられないのでしょうか?

地震で3か月間その住宅に住むことができなかった場合は?
東京から静岡へ転勤しまた東京へ戻ってきたのですが…
中古住宅を購入した場合でも住宅ローン控除を受けられますか?
扶養している父親から購入した住宅でも住宅ローン控除は受けられますか?
住宅ローン控除を受けていた人が死亡した場合や住宅が焼失した場合は?
単身赴任で2年間海外に転勤したのですが…
故郷に新築した住宅に家族が住んでいるのですが…
しんきんGOODリングの融資条件は?
民間金融機関の火災保険は?
変動金利型・固定金利型・固定金利選択型のメリットは?
競売の流れは?
親からの援助で贈与税に注意とは?
収入合算・所得合算とは?
マンションの内覧会とは?
フラット35のメリット・デメリット
仮審査からローン申し込みまでの流れは?
固定金利選択型の使い方は?
貸金業・登録制度
特定調停制度
明細書・利用可能限度額
クーリングオフ・適用されない場合

Copyright (C) 2011 住宅ローン控除ガイドT All Rights Reserved